旅行者必見!アメリカでタクシーを利用するならLyftが便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   
taxi
       

アメリカのタクシーと言えばイエローキャブが思い浮かぶかと思いますが、今は個人タクシーのアプリがすごいんです。その配車サービス会社のLyftについての紹介です。

個人タクシーLyftのアプリが便利

LyftとUberという二つのサービスが現在メジャーなようですが、今回はLyftについて紹介したいと思います。

(あとから知ったのですが、Uberは日本上陸を果たしているようですね!Lyftの使い方はUberと同じです。)

 

アメリカの都心部は道が複雑な上に駐車場も多くないし、一方通行が多かったりしますので運転していこうと思うと結構大変です。

みんなびゅんびゅん飛ばしているし、もたもたしてたらクラクション鳴らされまくってしまいます。

 

都心部や有名な観光地ならアプリを使わなくてもタクシーを捕まえることは簡単かもしれませんが、そうでもない場所やお酒を飲むときや旅行時などでは個人タクシーアプリの方が便利でおすすめ!

 

Lyftの使い方

Android, iosともにアプリがありますので、まずアプリをダウンロードします。

(初めてダウンロードする際は誰かに招待してもらうと、3回までの乗車が各10ドル分ずつクーポンがついてきます。10ドルで行ける範囲なら無料で3回分乗れるということです。紹介が必要な時はご一報くだされば送りますのでメールください♪)

lyft

lyft

Lyft

 

アプリを開くと、Lyftのドライバーの車が地図上に見えると思います。

この車のマークは乗っている間も始終GPSで地図上に表示されているので安心感があります。

青い丸い点が現在地でその上にドライバーが迎えに来るまでの時間が書かれています。下の画面では5分とあります。

迎えに来てもらう位置を指定して、その次にピンクの丸の項目の欄に行き先を指定します。

すると画面右下の方に$6.55と出ているかと思いますが、これが目的地まで乗ったときの料金です。

 

lyft

 

ちなみにPickup location、迎えに来てもらう場所を指定する時ですが、入力欄の下のCurrent Locationという所を押せばGPSで居場所を知らせてくれますので、街中や旅行中の住所が分からなくても大丈夫です。

その下の欄には、今いる場所の近くのスポットなどが表示されます。

 

 

pickuplocation,lyft

 

目的地についたらアプリ内で料金を払います。チップをあげたければ選んで、一言コメントを添えて送信したら終了です。

 

 

lyft

このような流れです。Uberを使ったことがある人はほとんど同じ内容だそうですよ。

 

料金比較

Uber Lyft
基本料金 $2.20 $2.25
1マイル毎の料金 $1.30 $1.35
最低利用金額 $5.00 $5.00
キャンセル料 $5.00 $5.00
安全対策料金 $1 $1.55

UberもLyftも、他者と乗り合いして安くで乗れたり大き目の車を選べたりするようですが、基本料金はこのようになっているようです。

若干Lyftが高いようですが、ほとんど変わりませんね。

 

さいごに

Lyftのいいところ

  • 一般的なタクシーより割安
  • GPSで管理されていて安心感がある(100%安全かどうかは保障できません)
  • アプリ内で全て済ませることができ、口頭で伝えなくても目的地へ行ける
  • 招待してもらえると計30ドル分のクーポンがもらえる

まとめるとこんな感じでしょうか。

ちなみに、注意点もあります。

チャイルドシートが必要な小さなお子様を連れている場合、アメリカの州によってはチャイルドシートがないと乗車を断られたりすることもあります。ドライバーの判断にもよりますが。できれば配車を頼む際に一言確認するといいかもしれません。

UberもLyftも両方アプリをいれておいて、見つからなかったときなどに双方をうまく利用するなどするといいかもしれませんね!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*