Keep the changeは失礼?アメリカでのチップの渡し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   
money, tips
       

アメリカではレストランで食事をしたらチップを渡すという習慣があります。そのチップの払い方についての紹介です。

Tip チップはいつ、どうやって渡す?

アメリカでは、サービスを受けたらチップを渡す、という文化があります。サービス料ですね。

映画などでよく見る、ホテルで荷物を運んでもらった時に折りたたんだお札をさっと従業員に渡す、とかのアレです。

日本とは違う文化で戸惑うこともあるかもしれませんが、だからこそ旅行前/引っ越し前に知ってスマートにチップをあげたいですよね。

私なりにチップの渡し方や金額などをまとめてみたいと思います。

 

中にはチップがお給料のほとんどを占める職業もあります。

アメリカ人である夫とお付き合いしていた頃、レストランでディナーデートした時に、「ここではチップは払った方がいいかな?」と聞かれて驚いたのを覚えています。

日本に来たばかりの軍人さんたちは、初めて日本で暮らすための知識と注意事項の講義を受けてから来ます。

そこで、”日本ではチップは払わない”と言われてびっくりしたそうですが、一応念のため聞いたということでした。

 

チップを払う場面で一番遭遇数が多いのは、レストランで外食したときではないでしょうか。

ではそもそもなぜ、チップを払うのか?

それは、ウェイトレスやウェイター、バーテンダーたちのお給料はほとんどがチップから来ているからです。

 

日本では時給制が最も多く、最低でも最低賃金×働いた時間給のお給料はいただけますよね。

こちらでは、ウェイトレスの平均時給は州によって違うようですが約2~3ドルほどだそうです。(びっくり!)

そしてチップは請求金額の約15~20%というのが一般的。テーブルをたくさん担当して頑張った分だけ稼ぎになる、ということですね。

料理がおいしくなかったり料理が来るのが遅かったりしてもチップは払いますが、

もしウェイトレスの態度が悪かったりサービスの質が悪ければチップの金額を減らしたり、極端な例では払わないというケースもあるようです。

これはサービスに対して支払うものなので、サービス業全般に言えそうですね!

 

でも中には、サービスをしてくれた人が親切だったり、相手に迷惑をかけてしまったときや、常連さんでこれからも友好関係を続けたい場合などには、余分にチップを渡す場面もあります。

同じ飲食業でも、ファストフードやベーカリー、コーヒーショップなどでは状況が違ったりします。

waitress

LuckyLife11 / Pixabay

チップの払い方は現金かカード

・現金

よく映画の一場面などであるような、ダイナーのテーブルに現金を置いて去る、というのもまだあります。(少ないように見受けられますが)

クレジットカードが使えない時、外でサービスを受けた時や、チップジャーが設置されている場所などでは現金で払ったりします。

 

・クレジットカード

アメリカはクレジットカード社会。私もこちらに住んでいると現金を全くと言っていいほど使いません。

チップを払う時、レストランなどカードでの支払いが可能な場所ではカードで支払うこともできます。

カードで支払う際、レストランなどでよく見かけるレシートホルダーに2枚のレシートが入っていてそこに手書きで書き込む場合と、ベーカリーなど座ってサービスを受けないような場所ではレジでお会計の際にチップを追加するかしないかを選択できる場合とがあります。

 

例:レストランでのレシートに書き込む場合

reciept

レシートの下の方、Tip amount: の右側の線の上に、あげたいチップの金額を書きます。

その下の、Grand total: の右側の線の上に、請求金額Total before tip の金額とチップの金額を足した合計を書きます。

この場合はチップ前トータルが$9.43 なので、もしチップが$1だとしたら、$10.43と書き、サインをします。

 

レシートは2枚あって、レストラン控えとお客様控えがあります。

通常チップと合計金額を書くのはレストラン控え用のみで大丈夫ですが、万が一のトラブルを防ぐためにレシートを保管されるなら、自分用のレシートにも同じ金額を書いておくことをおすすめします。

 

ちなみにこの例で使ったレシートはモールのフードコートで食事した時のもの。

カウンターで販売しているだけでテーブルへ運んでくれるなどのサービスはないので、こういった場では特別チップを払わなくても大丈夫ですよ。

 

シチュエーション別 チップの一般的な相場

では具体的にシチュエーション、場所別に見てみましょう。

 

レストラン(座ってサービスを受けるようなレストラン)

・請求金額の15~20%(消費税は含まない)

20%の方がより良いチップとされているようです。

20%って、結構多くない?と感じるかもしれませんが、これは実際にテーブルに来るウェイトレスだけではなくて、カクテルを作ってくれた人や料理を運んでくれた人やテーブルを片付ける人などにも分けているそう。

ニューヨークなどの一部地域では、25%が普通の相場とされているところもあるようです。

注意点は、中には請求金額の中にすでにチップ分も含まれている場合があるということです。(高級レストラン等)

いつもレシートをもらったら詳細を確認するようにし、金額が高すぎると感じたら含まれているかどうか聞いてみましょう。

また、態度が極端に悪かったり、明らかにサービスの質が悪い場合はチップを減らしましょう。減らすときの相場は10%らしいですが、ひどい場合にはそれ以下もあり得るようです。

豆知識:もしサーバーが失礼な態度を取ったり気分を害されてチップを払いたくない場合、ペニーを2枚置いておくことで、サーバーに「あなたの接客態度が悪かったのでチップを減らしました/払いたくありません」と伝えられるそうです。 私は実際に見たことはありませんが、これは相手に”チップを置き忘れたわけではない”という意味も込められているそうです。ですがこれは極端な例で最近はあまり見ない習慣だそうで、よっぽどのことがない限りは控えた方がいいかもしれません。

restaurant

neshom / Pixabay

バフェ(食べ放題)スタイルのレストラン

・請求金額の5~10%(消費税含まれている場合あり)

注意したいのは、サーバー1人に対しての最低チップ金額は1ドルということです。(もし請求金額の5%が1ドルを下回るとしてもです)

自分で料理を取りに行くバフェスタイルのレストランでは、サーバーは必ずしもお客さんに対してたくさんのサービスをするわけではありませんが、水をつぎ足しに来てくれたり、食べ終わったお皿を何度も片付けてくれたりしたサービスに対して支払うようです。

ですが、上記のレストラン同様、サービスが悪かったり気分を害された場合などはチップを減らすようです。

salad bar

alphacreativa / Pixabay

ファストフード店・ベーカリー・コーヒーショップ等

・あげなくてもよいが、あげたい場合は自由。

カウンターで販売しているのみ、といったサービスでは特にチップを払わなくても大丈夫です。

レジの横にチップジャーが設置されていたり、カードでの支払いの際にチップを追加するかどうかの選択肢が設けられている場合もあります。

素敵な笑顔の店員さんや良いサービスに対して払いたい場合はご自由にどうぞ☆

bakery

Pexels / Pixabay

バーテンダー

・ドリンク毎に1ドル、または請求金額の15~20%

レストラン同様、賃金が低めでチップによるお給料という場合がほとんどなようです。

こちらも、サービスの良し悪しで金額は多少上下するようですが、常連さんなどは普通よりも余分に払ったりすることもあります。

私の友人に毎日バーに行くのが習慣という人がいますが、彼は常連なのでたとえ1杯しか飲まなかったとしても、20ドル札をさっとバーテンダーさんに渡していました。

そうすることで従業員と仲良くなったり、たまに無料でドリンク1杯いただいたり、イベントに優先的に招待してもらったりしているようです。

豆知識:今では少なくなっている古い習慣ではありますが、バーテンダーがお客さんの近くにショットグラスを上下逆さまに置くというサインがあります。意味は、”1杯無料で提供したいが要りますか?”ということで、もしほしいならショットグラスをひっくり返しておく、というものらしいです。 3杯以上飲んだ後にもしこういう場面に遭遇して1杯いただいたら、その分もチップを払ってあげましょう。

ホテル

・ベルボーイなど荷物を運んでくれた人:荷物1つにつき1~2ドル(大きくて運ぶのが大変な荷物の場合は上乗せ)

・ホテルハウスキーピングやメイドサービス:1泊ごとに2~3ドル(もし1部屋につき3人以上でサービスしてくれた場合は増やす、スイートルームなど)

・コンシェルジュ:5~10ドル(チケットやレストランを予約などの仕事をしてくれたときのみ)

・ドアマン:ドアを開けてくれるだけの場合はチップなし、タクシーを呼んでくれたり荷物を運ぶのを手伝ってくれた場合は1~3ドルくらい。

 

一般的には上記のようになっているようですが、私たちの場合は基本的なモーテル(ちょっと古めの寝るだけのホテル)やビジネスホテル系ではチップを払ったことはありません。

・・・あ、私たちは高級なホテルに泊まったことがない、ということですがw

この境目は少し難しいですね。。 サービスやホテルに満足したら払う、って基準でいいのではと思います。

ちなみに、連泊中の部屋にチップとしてお金を置くときはそれと分かるようにまくらの上に置いたり、私物と分けたい時にはメモをそえるといいようです。

hotel

GregoryButler / Pixabay

美容室、マッサージ、スパ、サロンなど

・請求金額の15~20%

常連として何度もお世話になっていたりサービスの内容によっては20%以上になることもあるようです。

特に初めていった美容室などで、サービスが気に入りまた来たいと思ったときは、最初のチップは少しはずんで25%にしたりすることもあるそうです。

salon

bigpromoter / Pixabay

タクシードライバー

・乗車料金の10~15%

タクシードライバーへのチップも他と同様、サービスが良いと思ったら15%、悪いと思ったら減らしてください。

バレーパーキング

・車を受け取る時に2~5ドル

外で車を受け取るので現金を用意しておきます。中にはクレジットカード機を持ち歩いている会社もあるようですが、現金が一般的に多いように見受けられます。

parking space

StockSnap / Pixabay

 

その他

・食品スーパーで袋詰め&車まで運ぶのを手伝ってもらった場合:1つの袋につき1~3ドル

・ツアーガイド:請求金額の10~20%

・スキーインストラクター:グループへの請求金額の15%ほど

・ガソリンスタンド:ガソリンを入れてくれるサービスを受けたら1~3ドルほど。(現在はほとんどがセルフサービスなのでチップを払うのは稀。)

 

おつりはいらないよ、と言いたいときは? Keep the changeは明るく言おう

チップを渡すとき大抵は何も言わなくても伝わる場合が多いかと思いますが、一言添えたい時はシンプルに「Thank you」のみでもいいと思います。

他にタクシーの料金を現金で払ったときにおつりが来るような場合に、”おつりはチップとしてどうぞ”と言いたいときは、

「You can keep the rest」、「It’s all yours」、「No change is necessary」、「Keep the change」などで伝えることができますが、

ネイティブの中には、「Keep the change」という言い方が失礼と感じる人もいるようです。

理由は、なんだか上から目線に感じるからだとか。

言い方や状況にもよるかもしれませんが、使う場合はにっこりと笑顔も忘れずに明るく言いましょうね。

 

さいごに

アメリカに来るとたくさんいろんな場面でチップを払う機会があるかと思います。

ここに載っている以外にもチップを払う場面に遭遇するかもしれません。

たいていの場合金額は10~20%が多いので計算も割と簡単にできるかと思いますが、割り勘にしたいときなどはアプリを使うといいかもしれないですね。

チップ計算、と検索すればたくさんアプリが見つかります。

 

ちなみに:消費税が7~8%の州の場合、レシートのTaxの金額を2倍にして端数などを四捨五入したりきりの良い金額にすると、チップの相場の15%くらいと同じになります。私は計算が面倒な時こうやっていますw

 

 

余談ですが、私はアメリカに来たばかりのころはあまりチップのシステムが分かっておらず、友人とランチに出かけた時などに渡したチップは今思うと少なすぎたかもしれません。

時々ウェイトレスが冷たく感じたのは多分言葉の壁だけでなく、「ケチな日本人」だと思われていたに違いありません。(´□`;)

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*