パスポートの期限切れにはご注意を!私の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   
passport
       

空港で搭乗前にパスポートの期限が切れてて飛べない。。。

そんなテレビみたいな初歩的ミスをおかしてしまった私の体験談です。

まさかのパスポート期限切れ

アメリカへの引っ越しは二度目になる2016年8月、3歳の娘と大きいスーツケーツ2つを抱えて、さあいよいよ飛行機に乗るぞ!という時。

カウンターでチェックインして娘との初の長時間フライトへの思いをはせていると、カウンターの人から信じられない言葉が。。。

 

今回渡米したとき、空港で飛行機に乗れないというありえないトラブルに遭遇した時の私の体験談を書こうと思います。

これからアメリカに行かれるという方はパスポートの期限にご注意ください。(って、こんな失敗するのはまぬけな私くらいですよねw)

 

通常通り更新するしかない

「お客様のパスポートは期限が切れていますのでチェックインできません」

・・・え?うそでしょ?・・・

耳を疑いこれは夢かと、一瞬現実を受け入れられず固まってしまいました。

 

チェックインカウンターでパスポートを確認すると、本当に切れてる。。。

うそでしょー!!

 

頭が混乱してもうどうしていいか分からずパニックでした。

まさか映画で見るようなこんな失敗するなんて。。

 

とりあえず他の人たちの邪魔になるので列から離されました。

 

夜の便で飛ぶ予定だったのでもう地元への帰りの飛行機もなく、空港でできる手立ても何もなく、見送りに来てくれていた友人に頼ってホテルを探すしかありませんでした。

しかもその当時はケータイもプリペイドのケータイで、料金がなくなりそうだった&充電切れそうという最悪の事態でした。

予定通り飛んでいたらちょうどケータイの料金使い切るように計算していたので。。

 

なんとか友人の協力で追加のプリペイドカードを手に入れ、ホテルへ。その日は放心状態で何もできず。。

 

翌朝気を取り直して、先にアメリカへ渡っていた夫へ連絡し、パスポートセンターへの問い合わせをはじめました。

夫によると、アメリカの空港ではこういった事態に対応するため、空港内でお金を払ってパスポートの更新ができるサービスがあるとのこと。

日本にもないかと期待しましたが、パスポートセンターで通常通り更新するしかないと分かりました。

airport

katyveldhorst / Pixabay

 

住民票があれば、現在いる市町村のパスポートセンターでも更新はできる

私は今回は名古屋国際空港から渡米する予定でしたので、名古屋市のパスポートセンターへ問い合わせ、事情を話してみました。

すると、愛知県に住んでいなくても、住民票を取り寄せてホテルを仮住まいということにして更新作業はできる、更新にかかる期間は1週間ほど、とのことでした。

じゃすぐに住民票をとりよせて、それまではどこのホテルでお世話になろうか・・・

 

・・・ん?待てよ。

今回の引っ越しは、次にいつ日本に帰ってくるか分からなかったので住民票を抜いて海外移住の手続きを済ませてから来たんだった!

てことは住民票が・・・

ないーーー!!○┼< バタッ

 

そこで地元の市役所へ電話し事情を話すと、抜いた住民票を戻すには本人しかできない、と言われました。

ということは一旦また地元へ戻って手続きしなくちゃいけないってことですか。。。

 

幸い、アメリカ行きの飛行機チケットは事情を話して変更料なしで搭乗日変更してもらえることになりました。

ユナイテッド航空の応対してくれた方、本当にありがとうございました。

 

とりあえず仕方なく一旦地元へ戻ることに。

私の地元は田舎な離島で名古屋空港からの直行便は一日数便しかなく、しかも直前に買うと高い飛行機チケット。

乗り継ぎで帰りの便をゲットできましたが、もう予定外の出費が大きすぎて泣きそうでした。

airport

JESHOOTS / Pixabay

 

一旦地元へ戻り更新手続き

どうしようもなく、また娘を連れて重いスーツケース二つを引きずり地元へ戻りました。

早速市役所へ行って事情を話すと、今回は海外移住の手続きをしてから間もなかったので、住民票を抜いたことを取り消してもらえることになりました。ありがたい!

早速住民票を元に戻してもらい、住民票を発行してパスポート更新の手続きを進めました。

期限が切れていても更新にかかる料金は通常と同じようで、5年用は11,000円、10年用は16,000円で、手続きにかかる日数は2週間ほどと言われました。

 

2週間、結構長い。。離島だからしかたないか。。

もう開き直って地元でゆっくりするしかありませんでしたw

 

結局、2週間まではいかず10日ほどで受け取ることができました!

パスポートを受け取ったら再度住民票を抜く手続きをしました。

(住民票を抜いたり戻したりするたびに、健康保険やら子育て支援金やらの手続きももれなく何度も何度もするはめになりました。)

 

次は早速アメリカ行きのチケットの搭乗日変更の連絡をしなくちゃ♪

 

パスポートを受け取ってから数日後の週末に日時を再設定し、あとはまた荷物をまとめて出発するだけ。

やっとで前に進めるし、娘をあちこち連れまわさなくて済むようになる!

 

と喜んだ矢先。。。

 

何気につけていたテレビの天気予報からまたも信じられない言葉が。

「台風が近づいてきています」

なぬー!!

暴風域に入る見込みでその予想日が出発の日じゃないかー!!

 

しかも台風ひとつじゃなくてその後ろからもうひとつ迫ってきているという。。

もうこれはあれだ、アメリカに行くなっていうサインだ。そうとしか思えない。

typhoon

WikiImages / Pixabay

せっかくユナイテッド航空が変更料なしで搭乗日変更してくれたのに、また変更して足止めされないといけないのか・・・

いやそれよりも早めに名古屋空港にいって名古屋で一泊する方が結果的に安くなるんじゃないのかと思い、ANAに問い合わせて搭乗日変更ができるか聞くと、

「台風が近づいている場合でも暴風域に確実に入るという確証がない限り変更料が発生する、ANAが運行状況を判断して変更できるのは搭乗日の前日くらいに会議で決まる」

との答えがきました。

 

また飛行機のチケット予定変更でお金払わないといけないのか。。

もうここまででいくら予定外の出費が出ていったのか。。。

全ては私がパスポートの期限を確認し忘れたがために。。。

結局は仕方なく変更料を払い、名古屋空港で一泊してようやく出発へとこぎつけました。

 

2重国籍である娘のパスポートは両方ないといけない!?

当初の予定より1か月も遅れ、やっとのことで準備をしなおして名古屋空港へと戻ってきました。

再度カウンターでチェックインする時のあのドキドキ、今思い出しても寿命が縮む思いです。

緊張しながらも無事チェックインできました。

 

やったー!!やっとで行けるぞ!

さーあとはカスタムを通って搭乗口へ行くだけだ♪早めに行ってもうゆっくりしよう。

 

第一関門を突破して安心していた私。

カスタムで私と娘のパスポートを見せて通ろうとすると、待ったがかかりました。

 

なになに!?今度はなにー!?∑(´□`;)

 

止められた原因は、娘のパスポートがアメリカ側のものしかなかったことです。

これも私が下調べしなかったのがいけなかったのですが、夫が引っ越し前に、娘はアメリカのパスポートがあるんだからそれだけで大丈夫だろう、と言って娘の日本のパスポートを持って先にアメリカに行っていたので手元にはありませんでした。

事情を話すと、係の方がちょっとこちらへ・・・と言って違う場所へ案内され、何やら上司らしき人が出てきました。

 

もう私の心臓は100メートルを全力で走り切った後のようにバクバク。

 

その方がいうには、本来は二重国籍である娘はアメリカと日本の両方のパスポートを所持していないといけない、とのこと。

理由は、娘の身分証明書がアメリカ側のパスポートのみだと、娘が本当に私の娘なのかどうか証明にならないから、と言われました。

passport two

TukTukDesign / Pixabay

でも引っ越しのため渡米するので、服や身の回りのもの以外はもうアメリカに送ってあり荷物は他になく、娘との親子関係を証明できるものは何も持っていませんでした。

 

・・・終わった・・・せっかくここまで来たのにまた地元へ戻らないといけないのか・・・

と途方に暮れて泣き出す寸前でした。

 

が、その方がとても良い方で、他の人たちと少し相談したのち、今回は特別に特例として認めてもらえるということになりました!

 

ここまでの経緯を知らないカスタムの人たちはきっと、大げさだなと思ったに違いありませんが、マジで涙が出てきてしまいましたw

応対してくれた名古屋空港のカスタムの方々、本当に本当にありがとうございました!!

heart cloud

stux / Pixabay

 

さいごに

そんなこんなで、今回の渡米は私の人生最大の大失態によりいろいろなトラブルに見舞われたものとなりました。

私の両親は、孫と過ごせる期間が延びたといって喜んでくれましたがw

 

半年がたった今では笑い話ですが、気の小さい私の寿命は確実に何年分か縮まりました・・・

でも、いろんなことを学べた貴重な経験かもしれません。

今回私が学んだことは、

  • パスポートの更新は住所のある市町村でなくても居所を証明できて住民票があれば申請できる
  • パスポート更新手続きは期限切れでも通常と同じ費用&期間がかかる
  • 住民票を抜いてあったら戻すのは本人しかできない
  • 台風が近づいてきた時の飛行機のチケットの変更は前日くらいの会議で確実に運行キャンセルと判断されないと変更料がかかる
  • 未成年の2重国籍者は両方のパスポートを持っている必要がある、もしくは戸籍謄本などの身分証明書が必要

 

そして一番大事なのが、パスポートの期限は事前に確認する!

・・・言い訳ですが、グリーンカードを所有していたからなのかなぜかパスポートの存在を忘れていたことと、引っ越すまでの約3か月本当にバタバタして忙しかったのです。。。もう二度と同じ間違いはおこしません!!

きっとこんなヘマをして友人にも呆れられるような人は他にはいないかと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*